初心者向けカメラの教科書はカメラはじめます!がおすすめ

初心者向けカメラの教科書はカメラはじめます!がおすすめ

2021-10-28

この記事はPRを含みます

高価な一眼カメラやミラーレス一眼を購入したからと言ってカメラのことが詳しくなるわけじゃないし、ましてや上手く撮ることができるわけでもない。

私自身、初めて買った一眼レフ機はオートでしか撮ったことがありませんでした。

一眼レフで撮っているというだけでカッコよかったり、うまくなった気がしてそれだけで満足。でも撮れた写真を見ると「なんか違うなぁ…」という感じ。そのうちカメラから離れていきました。

結局のところ、最低限の必要なことを知っておかなければ、写真を撮ることを楽しめない。続けることができないように思います。というか、知らないでカメラを止めるなんてもったいない。

そこで紹介したいのがこの本。カメラはじめます!です。

ここではこの本がカメラ初心者にオススメなポイントを紹介します。

難しいことは省いて、ここだけは知っておきたいということがマンガで分かりやすく書かれているので、子どもから大人まで幅広く読めるはずです。

スポンサーリンク

カメラはじめます!とはどんな本か

カメラはじめます!の表紙
マンガで読みやすく手を出しやすい本です。
題名カメラはじめます!
出版サンクチュアリ出版
著者こいしゆうか
監修鈴木知子
ページ数160P
初版2018年1月20日
カメラはじめます!の概要

この本はカメラ初心者に向けた入門書

カメラの選び方から、覚えておきたいカメラのこと、構図などなど、全編マンガで紹介しています。

著者のこいしゆうかさんはキャンプコーディネーターとしても活躍するイラストレーター。この本ではこいしさんがお気に入りのカメラに出合い、1からカメラについて学んで行くストーリーが描かれています。

フォトグラファーの鈴木知子さんが監修しているので、基本的なことや知っておくと便利なことなど、変な間違いもなくまとめられている本です。

全編マンガで分かりやすい初心者向けカメラの教科書
¥1,386 (2024/05/30 23:36時点 | Amazon調べ)

いいところ

なぜカメラ初心者にこの本をオススメしたいか。

それは次の3つの良いところがあるからです。

全編マンガ

日本人にとってイラストやマンガはとても身近にあるものです。

いわゆるマンガだけでなく、看板やちょっとした説明書きにもイラストが添えられるのが日本。マンガで成長してきた私達にとって、絵で説明されると頭に入りやすいのかもしれません。

私も人生を振り返るとマンガで学んだことってけっこう多くて、マンガだからこそ覚えていることも多いです。(日本の歴史もマンガで学んだし、スラムダンクでバスケを、カイジで…)

この本は全編がマンガ。よくマンガパートと文章パートに分けている本もありますが、この本は本当にマンガだらけ。体感98%がマンガです。

読みやすくて最後まで一気に読めるし、読み終わったあとも何となく読み返してしまうハードルの低さがあります。

簡単なテキストを何度も読んで力にする。初心者の鉄則かもしれません。

カメラはじめます!の中身
初心者にとって読みやすいって大切。
カメラはじめます!の中身
マンガだけじゃなく図や写真もあって感覚で分かる。

とにかく分かりやすい

「マンガで書いてあるから分かりやすい」というだけではなく、書いている内容も分かりやすいです。

入門書の中には、どうしてそうなるのか原理について詳しく書かれている本もあります。でもこの本では「なぜ開放にするとボケるのか」「シャッタースピードを遅くするとブレるのか」などに対する詳しい説明は省き、「F値を小さくすればボケる」「シャッタースピードを小さくするとブレる」みたいに、行動と結論を大切にしています。

「なぜ?」を省くと気にはなります。「ホワイトバランスを曇りにすると赤っぽくなる」としか書かれてないので原理が分からなくモヤッとする人もいるかもしれません。

でも初心者はそれで十分。原理はあとからです。

カメラが好きになれる内容

読んでいて思うのが、カメラが好きになれるように、論理的な説明だけじゃなく感情的なものを大切にしている気がします。

例えば、カメラを選ぶポイントの中に「愛着を持てるデザインか」というものがあります。これってけっこう大切で、でも初心者には欠けがちな視点じゃないかなと。

難しい説明よりも、感覚的なもの。

こうするときれい。楽しい。

そんなテクニックが解説されていたりもするので、「カメラの基礎を勉強しよう」という人よりも「カメラが好きになりたい」と思っている人に向いているように思います。

とても参考になるし、プレゼントしたくなる

私はこの本を立ち読みで読破し、その上で購入しました。それくらい読みやすいし、それくらい好き。

もし私に中学・高校生くらいの子どもがいたら、カメラと一緒にこの本を添えてプレゼントしたい。そんな本です。

初心者向けの本に書かれている項目はどれも同じようなもの。あとはどう書かれているかです。

難しいことはあとからでも勉強できる。まずはこの本で興味を持つためにも簡単に分かりやすく、そして何度でも。

気軽に読み返せる、そばに置いておきたい一冊、それが「カメラはじめます!」です。

全編マンガで分かりやすい初心者向けカメラの教科書
¥1,386 (2024/05/30 23:36時点 | Amazon調べ)
カメラはじめます!の背表紙
裏表紙もかわいい。